過払い返還請求事例1

過払い返還請求事例2

過払い返還請求事例3

過払い返還請求事例4

過払い返還請求事例5

過払い返還請求事例6

過払い返還請求事例7



過払い金返還請求は自分でできる!

過払い返金請求だなんて…法律が絡みそうだし、手続きも大変そう。。。

普通だったら法的と聞くだけ難しそうですし、弁護士や司法書士に高い費用を払ってでもお願いしようと考えますよね。

ですが、実は過払い金返還請求の手続きって自力でできてしまうものなのですよ。

しかも案外と簡単。

当サイトを見るだけでも過払い金返還請求の簡単さを理解していただけるとが思いますが、今や情報化社会です。わからないことがあれば調べればなんとでもなる世の中です。

当サイト以外にも過払い金返還請求のサイトはありますし、是非、自力で過払い金返還請求をやってみる!と考えている方はやってみてください。

過払い金返還請求の対象者って??

そもそも過払い金返還請求って消費者金融やキャッシング会社からお金を借りている人は全員が全員該当するのでしょうか?

下記の方のみが過払い金返還請求の対象となりますのでよく確認してみてくださいね。

  • 実質年率20%以上で借りていた人
  • 返済を初めて、4年以上経過しいている人

実は、消費者金融やキャッシング会社とは法律を越えて利用者から利息をとっているってご存知でしたか??

ではなぜ利息を多くとるなんてことが発生するのか。

過払い金が生まれた原因

法律を無視して利息をとりすぎるなんてことは許されることなのでしょうか。

実を言うと、利息制限法というものは現在、年15%~20%しか利息をとってはいけないと定められているのですが、以前はこれに違反しても罰則はありませんでした。

一方、出資法の上限は年29.2%と定められており、この利率を超えて利息を請求すると罰せられました。

消費者金融会社は利息制限法に基いた利率でなければならないのですが、当時は罰則がないため出資法ギリギリの利率で貸し付けを行っていたというわけです。

過払い金返還請求は当然の権利!

過払い金返還請求はお金を借りている人の当然の権利であり、訴訟を起したとしても負けるわけがないのです。

あなたが年利20パーセント以上で5年以上返済を続けているのであれば、借金の返済は終わっているばかりか、今まで払い過ぎていたお金が戻ってくる可能性が高いのです。

払い過ぎてしまったお金を取り戻すためにも正しい知識を習得して、しっかりと過払い金を取り戻せる状況を作りましょう!!



PR





ページのトップへ戻る